【韓国のお菓子】日本のパクリ商品「マイチュウ」レビュー|ハイチュウ

韓国文化

アンニョーン。

韓国在住5年目のたかみです。

韓国のスーパーに行くと、日本のパクリ菓子がたっくさんありますよ〜♪

なので、

今回は、ハイチュウのパクリ菓子マイチュウを紹介したいと思います^^

商品名も日本のハイチュウとそっくり。

一文字しか違わなーい(笑)

中身・味はどうかな〜?

ご覧あれ〜い。

ハイチュウのパクリ商品「マイチュウ(마이쮸)」


森永製菓のハイチュウをパクって誕生した「マイチュウ」!

パッケージもなんとなく似てますね。

マイチュウの方は、いちご割ってみた的な感じ。

開けてみましょーう♪

ハイチュウ
ハイチュウの中身に文字が
マイチュウ


どちらも開けやすいですね〜

ハイチュウの方は、「今日も頑張った」文字が入ってて

食べる前からテンションを上げさせてくれます^^

マイチュウの方は、会社名が英語で書かれてるだけってな感じです〜。

マイチュウの発売年度は、2004年


ハイチュウマイチュウの発売年度は、下記のとおり。

発売年度

◆ (日本)ハイチュウ:1975年

◆ (韓国)マイチュウ:2004年


マイチュウの発売年度は、2004年なので

ハイチュウの29年後に発売したことになります!

実はね・・・

このマイチュウ、森永製菓がパクってるのを知って裁判を起こしたものなんですよ〜

↓↓↓

引用元:wikipedia


裁判結果はなんとも悔しい結果になった感じですね。

マイチュウの発売会社は、「クラウン製菓(크라운제과)」


マイチュウの発売会社は、「クラウン製菓」です。

クラウン製菓って、日本でも人気を集めてるお菓子が多々あるんですよ〜

一つだけ言えば、「バターワッフル」↓ですね。


こないだ、日本一時帰国したとき、コンビニで売ってましたよ。

しかも、パッケージは日本語だった。

こんな素敵な商品を開発できるのに、パクリ商品が出てしまうんですね〜

【レビュー】ハイチュウ vs マイチュウ


比較するため、食っちゃいました〜♪

感想は、下記をみてね。

見た目の比較


日本のハイチュウは二層になってますね〜

ナイフで真ん中を切ってみました↓♪


韓国のマイチュウは、硬いながらも一発でえザクっと切れる感じだったけど

日本のハイチュウはジワ〜と切れる感じ。。。←説明ヘタやな・・・w w w

簡単に言うと、

マイチュウは硬い敷布団で、ハイチュウは低反発マット的な感じですね〜♡

味の比較


味はね、どちらもしっかりしたいちご味のチューインガム的な雰囲気。

だけど、

深みがあるのはやっぱり日本のハイチュウですね!

ハイチュウは、甘いながらもミルクっぽい柔らかさ・深みが感じられるけど、

マイチュウは、甘いけど若干すっぱいイチゴみたいな・・・味にそこまで研究してない感じでした。

食感の比較


食感は違いますね〜!

・噛んだとき、マイチュウ(韓国)の方はハイチュウより硬い

最終的には同じように消えてなくなるけど、

マイチュウは最初固くて「チューインガムなのか?」と、疑ちゃいたくなります。

ま、噛み続ければ柔らかくなるけどね。

まとめ

いかがでしょうか。

マイチュウとハイチュウ、食べ比べすれば分かるでしょう(笑)

でもね、マイチュウだけ食べて「これハイチュウだよ」って言ったら分からんかも?

ま、最初は硬いな〜とは思うでしょう(笑)

みんなも食べてみなはれ。

さらば。

コメント